スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチエフェクターが

20年近く使っていたマルチエフェクターが壊れちゃったので、1年ほど前に買ったGT-8というこのクラス決定版ともいえるようなエフェクターを使おうとしたのですが、やっぱりダメでした。というか、内蔵のプリアンプのせいか分からないですけど、これを通しただけで生音が変わってしまうんです。
色々といじってみたのですが、なにしろアナログ人間の僕にはムズかしくて。
誰か詳しい人、歪みのないクリーントーンを出す方法を教えて下さい。
もちろん、ちゃんとした製品なので機械オンチの自分のせいだと思いますが。
スポンサーサイト

2年半ぶりとは

驚いたことに、このブログを書くのは2年半ぶりぐらいなのですが、歳を喰うと自分があまり進歩しないので平気なのです。読む人もいないと思うし。
ギターを弾いて長いので、そろそろお気楽なギター教室でもやってみようかと思うのですが、どんなもんでしょうか。
仕事としてはかなり色々な場面を経験していますが、目玉が飛び出すほどウマイわけでもないし、人様に教えるなんておこがましいとは思いますが、遠回りして気が付いたこともそれなりにあるので、初心者に基礎的なことなら教えることが出来ると思うんですが。柄じゃないし、先生としては素人だけど、生徒が来てくれれば、損はさせないつもりなんですけど。まずは不快感を与えないように、穴の開いた靴下を履くのをやめて身だしなみを整えなきゃ。

いいかも知れません

あまり暑いのでバテてしまって、部屋でギターを弾く気にもならない、というひとも多いと思いますが、こんなときこそ、マラソンの選手の黙々と弛まずに走るカッコ良さをイメージして、コツコツと運指の練習をしてみるのも良いかも知れません。

部分的ではありますが、一定の動きを続けていると、暑さでダラけてしまっているカラダにリズムが出てきて、活性化され、元気になるかも知れません。

秋になって、ロマンチックな気分になったとき、指が良く動き、より音楽的な表現に集中できるかも知れません。

夏でもホットコーヒーを飲む僕はジジイかも知れません。

イイ音を出したい

エレキギターを弾くひとは、みんなイイ音を出そうと、アンプのチューニングに苦心したり、エフェクターのパラメーターを時間をかけていじったりして、少しでも自分の理想の音に近づけようとしているのですが、残念ながら、楽器にそんなに興味の無いひとは、電気楽器なんて、誰が弾いても同じ音がする、くらいにしか思われていないみたいですね。

実際には、歪み系の音などは高級大型アンプで、ある程度ラウドにプレイしないと出ないような音もあるのですが、それが出来るのは限られたひとだけなので、エフェクターを使ってイコライジングしたりして、なんとかシュミレーションをするのですが、なかなか良い音をつくるのは難しいですね。

やはり、僕のように、楽器や機材に何百万円もお金をかけるほど、お金持ちではないギター弾きは、それなりの楽器で、それなりに良い音を追求するしかないみたいです。

男のくせに

クラシック・ギターに限らず、ガットギターを指で弾くためには、右手の爪を少し伸ばしたほうが便利なので、最近ガットギターをさぼっているにもかかわらず、手入れだけは、しなければならないのです。

女の人やクラシックのギタリストは慣れていて、当たり前のことかも知れませんが、伸ばした爪の先はきれいに整えておかないと、服や布団に引っかかって、すごく邪魔になります。

しかし、エレキギターでファンクなどのカッティングをすると、ピックを浅く持って強めに弾くため、どうしても人差し指の爪が削れてしまいます。

マリリン・モンローが映画の中で「爪が折れちゃった~」なんて言うのは良いですが、男のくせに爪を気にしたり、たまにアンダー・コートを塗っていたりしても、ギターを弾くためなので、どうか、「気持ちワルーイ!」と言わないで下さい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。